コロナ茶番劇は2023年まで継続します。しっかり「経済」対策を!

コロナは2023年まで続く根拠を4つご紹介します。

以下の4つが共通した発言をしていると言う事は本当にそうなる可能性が高いです。

経営者の皆さんはもちろん、多くの方にとって重要な情報ではないでしょうか。

これを頭に入れて行動すれば経済的な打撃を最小限に抑えられます。

 

 

1. 星野リゾート社長、星野佳路(ほしの よしはる)が2023年に客が戻ると発言。

2. トランプ元大統領のFacebookを2023年1月まで凍結。

3. 米国が「平常に戻る」のは2023年以降、ビル・ゲイツが指摘。

4. ILO国際労働機関は「2023年まで、コロナ禍から完全に回復できない」と発表。

 

 

この3つの情報をまとめると、コロナ収束予定時期は2023年1月

この4つの関係者は悪魔崇拝の「出雲族」「李家」「創価学会」 と関わりがありそうな人や団体ばかり。

 

 

 

【1.星野リゾート社長、星野佳路(ほしの よしはる)が2023年に客が戻ると発言。】

星野リゾートは宿泊系サービス業。コロナ被害者じゃん、と思うでしょう。

しかし、社長の星野は李家の血筋であり、創価学会と関わりがあります。

Wikipediaによると、「明星温泉」→「星野温泉」→「星野リゾート」と名称が変わったとのこと。

「明星」とは、「明けの明星」を意味するラテン語で「ルシファー」。

最上級の悪魔です。

星野の本姓は「李」とのこと。 星野佳路慶應出身。

慶應はRAPT理論で悪名高い「麻生太郎」がらみの人脈が多いですし、

イルミナティーが簡単に入学できる「AO入試」と言う裏口入学を導入したのも慶應。

慶應出ている有名人は怪しいと思うしかありません。

 

 

星野佳路の父は「星野晃良」。初代から「嘉助」と言う名を名乗るそうで

ややこしいのですが、こちらの写真はお借りしたサイトによると

「3代目会長」とのこと。3代目経営者でしょうか。

ウィキペディアによると、3代目経営者(晃良、国次の長男)が4代目嘉助で、

佳路の父親(1933年 - 2013年3月18日)。

お父さんでしょうか?あまり似てないですね。口周りは特に。

f:id:koody5:20210921232245j:plainf:id:koody5:20210921232254j:plain

それよりは華人の中で世界一の資産家、「李嘉誠(りーかせい)(左)に似てますね。

口元も頭の形も。

シンガポール初代首相の「李光耀(りーくあんゆー)」(右)

にも鼻や口周りが似ている気がします。

政略結婚してどこかで血縁関係はあるとは思いますが、不確定要素が多い所です。

f:id:koody5:20210922011426j:plainf:id:koody5:20210921233136j:plainf:id:koody5:20210921232301j:plain



そんな星野は「がっちりマンデー」と言う番組に何度も出演しており、

正月時期に「大がっちりマンデー」に出演しています。

その複数の社長の面々がほとんど創価企業の社長と疑わしい人ばかり。

「日本交通 川鍋一朗」「ハウステンボス 澤田秀雄」「ニトリ 似鳥昭雄」

「ほぼ日 糸井重里」

みんな創価学会などのカルトがらみ。

そんな面々が集まる場所に何度も出演する星野は、ますます怪しい人物と言えます。

 

そんな星野佳路は4月14日に行われたオンラインでの事業説明会で、

「2023年には訪日客が100%戻る可能性がある。しっかりと新規事業に取り組む」

明言。

つまり事前にコロナ計画を知っているからそのような発言が出たと言えます。

しかも可能性とにごしてはいますが「100%戻る」と。

コロナ計画と無関係な経営者が「100%戻る」と言い切る発言はでませんよ。

この言葉から「星野はコロナ計画知ってる」って思いましたね。

日本を拠点とする日本国籍ユダヤ人がそのように言っているので、

日本もそのようになると思われます。

 

 

 

【2. トランプ元大統領のFacebookを2023年1月まで凍結。】

2021年1月のトランプ支持者による「連邦議会議事堂乱入事件」により、

トランプ元大統領のアカウントを「無期限」→「2023年1月まで」としました。

トランプはワクチンは推奨しながらも、コロナ実行犯の創価に都合の悪い

動きをするので 「コロナ計画が終わるまで黙っとけ!」と言う事と思われます。

連邦議会議事堂乱入事件の様子

 

 

 

【3. 米国が「平常に戻る」のは2023年以降、ビル・ゲイツが指摘。】

CNNの番組に出演したゲイツは、

今年(2021年)の秋には米国人の暮らしの一部に日常が戻る と述べ、

「すべての学校は再開し、レストランのキャパシティもある程度回復し、

スポーツイベントも再び開催可能になるだろう」と話した。

(これは一部のアメリカのみの話のようです。)

 

 

このような、再感染の波が到来する可能性を考慮に入れると、

完全に平常な状態に戻るためには、

「より良い仕事をしない限り、2022年の全期間が必要になる可能性がある」

ゲイツは述べている。

(CNNはアメリカの報道機関でその取材のコメントですので、

アメリカ基準のコメントの可能性があります。

アメリカでは「2021年-2022年いっぱいまで」続き、

徐々に収束するような感じでしょうか。

毒チンを打てばコロナ茶番劇早期終了させるようですが、毒チン打ったら終わりです。)

 

 

 

【4.ILO国際労働機関は「2023年まで、コロナ禍から完全に回復できない」と発表。】

ILOは「2023年まで仕事の世界は、コロナ禍から完全に回復できない」

と発表しています。

 

 

ILOロゴはWHO世界保健機関と似てますね。

どちらの本部もスイスのジュネーブ

そんなWHOはエボラ熱用ワクチンを大量供給したそうで。

その毒チンでWHOは悪。関連がありそうなILOもコロナ計画知っている可能性大。

 

ILO

 

WHO

 

 

更にマダガスカル大統領がこのように暴露しました。WHOは悪。

 

 

 

この様に共通して遅くとも2023年初旬で収束するような発言が見られるわけです。

コロナ計画犯の大本教(おおもときょう)の出口王仁三郎(でぐちおにざぶろう)は

2023年初旬までコロナ計画をし、

その末裔が世界各国にいる出雲族ユダヤ人が実行している構図でしょうか。

出口王仁三郎

 

このように日本から世界的な悪事が行われています。

現にバイデン政権になってからアメリカは出雲族支配国と言える状態です。

バイデンは中国共産党寄り。

その中国は創価学会が作った国であることは以前のブログに書きました。

コロナ騒動は創価学会が行っている証拠と、中国は創価が作った国である証拠。

 

 

その反撃でしょうか、2021年4月に日本郵便

アメリカだけを第4地帯」なる設定をし、

日本からアメリカへの国際郵便を大幅値上げを行いました。

これは「秦氏側の攻撃」ではないかと私は思います。

秦氏である麻生太郎日本郵便の63%の大株主。麻生は財務大臣ですから。

出雲族」と「秦氏」は共に自らがトップに立ちたいために互いに争っている訳です。

コロナ計画収束は2023年初旬ですから、ぜひお仕事に活かして下さい。

そしてあなたの身内の方に知らせて、ワクチン拒絶し、コロナ計画失敗させましょう!

 

 

KAWATAとNANAのRAPT理論

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

 

 

【私のコロナ関連過去ブログ】

コロナパンデミックは嘘!!犯人が分かりました。

日本医師会会長がコロナ中に100人パーティー!やっぱりコロナは何か変。

菅、公の場でコロナワクチンによる「人口削減計画」の進捗をうっかり語る

「コロナ証拠無いけどあるものとしている」厚労省に電話 コロナ証拠ないそうです(笑)

あなたの免疫力は普段から菌に触れる事!外出自粛、除菌は真逆をやっている!

政治家はコロナ対策マスクが意味がない事を知っている!分かりやすい画像や動画集!

コロナ騒動は創価学会が行っている証拠と、中国は創価が作った国である証拠。

コロナ実行犯である創価学会の店舗乗っ取りの手口と創価企業と思われる企業の紹介。

4回目コロナ緊急事態宣言する菅総理はユダヤ人の李家?

私は通信妨害されています。コロナの正体を暴いたRAPTブログを閲覧できないように。

創価学会がコロナと関わりがある証拠。創価=ファイザー

コロナ茶番劇は2023年まで継続します。しっかり「経済」対策を!

コロナの存在証明が無い!多くの国、県、専門機関が存在しない事を認めました。

コロナが2023年初旬まで続く証拠が追加されました。変異株名をギリシャ文字全部使って終了。

コロナワクチンは毒です。分かりやすい情報を集めました。打つ気が失せます。

アストラゼネカ、ファイザー、モデルナ。コロナワクチン製薬会社の創価との繋がりと巨悪の歴史。

人口削減計画がある根拠と、コロナ騒動の人類支配計画のリーク情報。攪乱情報にも注意!

私の不思議な体験とRAPT理論を信じるようになった理由。

世界政府設立を目指すイルミナティ。人口削減、ワクチンパスポート、5G、スマートシティー。コロナ騒動をきっかけにした大規模計画。